積み増しの楽しさ。

一年間だけ、預金を決める。
そう思いついたのは、11か月前でした。独り身で、基準もなく金額はほぼレクレーションに使っていました。
もちろん、月間総合使い切っていたわけではありませんが、将来のために残しておこう。という意見は全くありませんでした。

色々なサイトで調べて、まず一年間の目標額を決めました。今まで、貯めようと思えば踏ん張れただろうけど、貯まったことがない、溜まる前に使ってしまっていた値段でした。
断念するかギリギリのラインで決めた了見です。

次に、目標額を割って月の預金値段を出しました。金額が振り込まれたら、真っ先にこういう値段を引き落として、預金用の別の財布に移しておきます。
定期に入れるのが至高らしいですが、いざという歳月(どうしても使っちゃいたいケース)ないとストレスになると思い、定期にはしませんでした。

あとは残る対価で、月をやりくりするのみが、これが意外ときつかったです。
今まで通りに使えないことは覚悟していましたが、引き下げ生活に慣れていない最初は必要な財(資格の為の財など)もきつくなったり単なるご褒美に取り扱うこともできなくなりました。

財のやり方、無用について真剣に立ち向かう必要がありましたが、結果的にそれは自分にとってとても良い見聞きになりました。

財についてだけでなく、自分にとって本当に必要なものは何か。本当に求めているものは何か。これがはっきりしてからは、財のやり方について考え込むことはなくなりました。

翌月、目標金額についに達成します。その先に何があるのか、楽しみです。キャッシングの審査が甘いところはどこ?